2020年02月29日

いつもと違うHARUです担当者名:戸髙

宮崎採用センターの戸髙です。



大賑わいの宮崎キャンプ(サッカー・野球・マラソン合宿など)が終わりました。宮崎は、今までにないくらいの暖冬でした。県内外からのお客さんも暖かさに恵まれて良かったと思います!

そして、3月は、お別れのシーズンでもありますね。卒園、卒業式、終業式、異動や転勤など寂しく、センチメンタルにしたっているのもつかの間ですが・・・・・次々に何かが始まるワクワクドキドキの季節でもあります。例年通りならそうなんです。が、今年は、コロナウイルス一色でまだまだ感染拡大の心配が続きます。ひとりひとりが気を付けてみんなで対策していくしかないんですね。



そういう状況の中ですが・・・お仕事探しのお手伝いは、お任せください。



心機一転!!身の回りを変化してみる事から始めませんか?各地区の担当者がいますので、お気軽にお問合せ下さ~い♬ 



宮崎採用センターのフリーダイヤル 0120-663-352 こちらまで♪♪



2020年01月27日

青森のお祭り担当者名:小野

青森のお祭り

遅くなりましたが…



新年明けましておめでとうございます!



青森在住 採用担当小野です。



今年もサミット東海を宜しくお願い致します。



さて、青森と言えば「ねぷた」「ねぶた」が有名ですが、大きく分けると



青森市の人型のねぶた



弘前市の扇型のねぷた



五所川原市の巨大人型の立佞武多(たちねぷた)の3つに分けられます。



夏の祭なのに、もうねぷたの話?と思われかもしれませんが、実はもうねぷたの製作は始まっているのです。



いつもお仕事説明会を開催している、その名も、「立佞武多の館」の3Fでは、着々と8月に向けての準備が進められています。ちなみに、製作現場は無料で見学ができます。また説明会は、ほぼ毎週木曜日の午後に5Fの会議室で行っていますので、お気軽にお越し下さい。



今年は暖冬で雪が少ないですが、雪がほぼ降らない所に行きたい人、短期間でガッチリ稼ぎたい人など、お仕事のご相談は、サミット東海 青森採用センター0120-973-263



までお気軽にご連絡下さい。


青森のお祭り


2019年12月02日

北海道は雪の季節となりました!担当者名:本田

札幌採用センターの本田です。



12月に入ると、「寒くなりましたね、、、」という言葉が挨拶に加わります。

すれ違う人を観察すると、コートやジャンバーは防寒用に変わり、マフラーや手袋・耳当てを付けている方が増えてきました。

ちなみに北海道では、「手袋を履く(はく)」と言うんです。靴や靴下と同じなんですよね。(笑)

本格的な冬は12月から3月までなので、1年の3分の1は冬ということです。

冬期間は夏場と比べてみんな早起きになるんですよ。夜間に降り積もった後の除雪や車の上の雪落としに30分~1時間掛かります。


また、バスや電車の遅れも想定しなければなりません。

北海道で一番寒い陸別町、1月の平均最低気温は-20.2°Cですから、北国以外にお住まいの方には想像を絶する気温ですよね。

でも北海道の家屋は断熱がしっかりしているので、ほとんどの家の中はとっても暖かいんですよ!


室内では薄着ですしTシャツとパンツ一丁で飲むビールは格別です!

そしてこの季節、12月から3月までの間は、北海道から東海地区へ就業頂く方が春夏秋と比較して約1.5倍になるんです。

北国にお住いの方!心機一転、雪の季節だけ お・さ・ら・ば しませんか?

契約期間は6ヵ月なので、春に帰ることが出来ますよ!考えてくださいね♪


●札幌採用センター 担当本田  フリーダイヤル 0120-557-611


北海道は雪の季節となりました! 北海道美瑛町の丘

北海道は雪の季節となりました! 札幌駅 2019.11.30


2019年11月19日

『同一労働同一賃金』パートタイム・有期雇用労働法及び労働者派遣法について担当者名:総務の人

『同一労働同一賃金』パートタイム・有期雇用労働法及び労働者派遣法について こんにちは。



総務課からのブログ更新です。



今回は、2020年4月1日より施行される「パートタイム・有期雇用労働法」「労働者派遣法(一部改正)」についてとなります。



ズバリ法改正の趣旨は、「同一労働同一賃金」であります。



それでは、それぞれ簡単に解説します。

「パートタイム・有期雇用労働法」

簡単に言うと、こちらは主に直接雇用の「期間社員」の方が該当します。

そして法の趣旨としては、「仕事上同様の貢献度であれば、賃金のシステム(一時金、手当、退職金等も含む)を正社員と同様にしなさい」というものです。もちろん、「責任の程度」「配置配属の範囲」「能力」や「経験」等により完全に同じとはならないまでも、「不合理な待遇差」を禁止しています。

現在、実際に正社員と同等の待遇にて期間社員の募集を行っている企業(T社など)については、特に賃金等の変更は無いかと考えられます。

その一方で、期間社員の待遇変更を迫られる企業も実際には多数あるかと思います。これらの企業は、「法の趣旨にのっとり待遇の変更を行う」又は「期間社員の募集を止める」この二択どちらかの方法を執るものだと考えられます。



「2020改正労働者派遣法」

「派遣労働者」についても同様に、賃金などの変更を求める法改正となっています。

大きく二つの賃金決定のプロセスが必要となっています。

・派遣先均等均衡方式 → 上記と同様、派遣先社員と同等にする方法

又は

・労使協定方式 → 派遣元企業と派遣労働者間にて、「基本給等」「昇給」「退職金」について協議をおこない労働者代表と協定を結ぶ方法

が存在します。

また、労使協定方式には不当な低賃金化を防ぐために、「職種ごとの全国平均賃金等」「昇給率」また「退職金についても参考値」及び「地域指数」等が定められており、透明性の高い方法にて賃金等が決定されると言えるのではないでしょうか(下限があらかじめ定められている)。

※愛知県の地域指数:105.4% 例:全国平均賃金等×1.054=賃金等

これについては殆どの派遣元企業は、労使協定方式を採用すると考えられます。

ざっくりと解説しましたが、詳しくは厚生労働省HPを参照ください☟。



https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144972.html


2019年10月31日

首里城が…担当者名:相生

首里城が…

こんにちは、本社採用課の相生です。



今朝起きると、娘がひとこと。 「首里城、もえてるよ」



「ええっ」



TVをつけると、本当にもえていた。



しかも3棟も。



大切な世界遺産が一瞬にして焼失してしまった。



先日、沖縄でみた首里城が見納めになるとは!



とても残念な気持ちでいっぱいです。



 



ことわざに「百日の説法屁ひとつ」というのがあります。



百日説法したお坊さんの言葉も、放屁ひとつで、ありがたみを失ってしまうというもの。



今までの長年の苦労も、たった一度の失敗で台無しになってしまう。



このことは首里城だけでなく、まさに会社の信頼についても同じことがいえますね。


常々いい加減なことをしてはいけないなぁと感じています。





最新の記事

カテゴリ

月別の日記一覧

カレンダー
«   2020年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  • RSS
  • RSSとは


こんにちは。
株式会社サミット東海
ブログ管理者です。
期間社員に関する情報だけではなく、社員の日常などもお伝えできればと思っています。
更新がまばらになることもありますが、あしからず。



このページのトップへ

Copyright (C) SUMMIT TOKAI co., ltd. All rights reserved.