2023年03月22日

岡崎城 どうする家康 岡崎大河ドラマ館担当者名:相生

岡崎城 どうする家康 岡崎大河ドラマ館 先日、岡崎城公園内にある岡崎大河ドラマ館に行ってきました。大河ドラマ「どうする家康」で話題の場所です。衣装はドラマで松潤が着ているもののようです。

岡崎城 どうする家康 岡崎大河ドラマ館 大手門すぐそばの駐車場は、バス専用に変わっていました。なので普通車はグランドを挟んで東側の専用駐車場か、国道1号線向い側にある「図書館交流プラザりぶら」の平面駐車場を利用(30分100円)します。岡崎大河ドラマ館(入館料800円)は、昔からある「三河武士のやかた」という古い歴史資料館を改装してつくってあります。すぐ近くには、家康グッズ満載の観光みやげ店やボランティアガイドの説明が聞ける観光案内所も新たに設置され、岡崎頑張ってるなと感じさせられます。またグレート家康公「葵」武将隊の姿も見受けられました。

岡崎城 どうする家康 岡崎大河ドラマ館 岡崎大河ドラマ館の内部は、ドラマの映像や登場人物の関係図そして歴史資料が配置されています。1階から地下そしてまた1階とドラマと史実の世界を行き来する構造になっており、うまくつくられているなと感じました。特に人気があったのは、「関ヶ原の戦い」のジオラマです。最新の映像と音と光で演出されています。

岡崎城 どうする家康 岡崎大河ドラマ館 岡崎城内部もリプレイスされ、古臭さはありません。近くにはお食事処もあり、名物のみそかつや味噌煮込みうどん、みそパフェ?など盛りだくさん。日曜日などは来場者も多く、大河ドラマ館では昼ころに入場制限で待っている人たちがたくさんいました。

岡崎城 どうする家康 岡崎大河ドラマ館 岡崎城内部には、ジオラマや資料室などがあります。なかでも4階は床面がフロアまるごと江戸時代の城下町シアターとなっており人気です。5階は、展望室です。江戸時代からある八丁味噌の蔵や整備された矢作川の流れを堪能できます。


2022年03月29日

家康公ゆかりの地 岡崎担当者名:白瀧

家康公ゆかりの地 岡崎 三河採用担当の白瀧です。三寒四温を繰り返し、春の訪れを感じる今日この頃、巷では桜の開花の話題も耳にする時期となってきました。(今回、桜には会えませんでしたが・・・)

家康公ゆかりの地 岡崎 愛知県三河の岡崎公園(岡崎市)は、「日本さくら名所100選」に選ばれるほど見事に桜が咲き誇る公園です。というのも、かの有名な徳川家康が生まれた岡崎城があるところなのです。敷地内には、家康公が生まれたとき産湯の水を汲んだといわれる井戸や金龍伝説のある龍城神社、三河武士のやかた、能楽堂、定番の顔はめパネルがあります。(あとお土産屋さんには、家康グッズが満載です!)

家康公ゆかりの地 岡崎 それだけでなく、GWは藤、初夏は木々の新緑、秋は紅葉と季節の移り変わりが楽しめます。縁あって訪れた地で、その地の歴史や文化に触れ、少しでも親しみを感じてもらえたら、地元の私たちもうれしいです

家康公ゆかりの地 岡崎 サミット東海では、一緒にはたらいていただけるスタッフを募集していますので、思い立ったら気軽にお問合せください。




最新の記事

カテゴリ

月別の日記一覧

カレンダー
«   2024年06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

  • RSS
  • RSSとは


こんにちは。
株式会社サミット東海
ブログ管理者です。
期間社員に関する情報だけではなく、社員の日常などもお伝えできればと思っています。
更新がまばらになることもありますが、あしからず。



このページのトップへ

Copyright (C) SUMMIT TOKAI co., ltd. All rights reserved.